About Us

代表取締役挨拶

国内外で事業を展開し、世界に通用する仕組みを提供したい――。2007年の創業以来、「国境を超えたインターネットサービスの構築」というビジョンを掲げ、アプリに特化した検索エンジン・マーケティング、プロダクト開発事業を手掛けてきました。

Apple社が日本で最初にストア展開を始めた2008年7月当時、アプリ広告は存在せず、アプリ自体も1,000程度しか提供されていませんでした。
ユーザーは自分がほしいアプリと出会いたい。アプリ開発側は、ユーザーに必要な情報を届けて集客したい。そんな両者のマッチングを高めるサービスは必ず求められるだろうと考え、AndroidのGooglePlayやAppStoreなどアプリストアに特化した検索エンジン・マーケティング手法を確立してきました。クライアント様のあらゆる課題にぶつかってはトライアル&エラーを行ってきました。Apple Search AdsやGoogle Adsと呼ばれるアプリ広告商品を中心に、国内外の実績を用いて提供しています。
同時に、海外市場でのマネタイズを主軸としたアプリを内製でも開発。今ではプロダクトの製作、プロモーション戦略の立案、サービス運用まですべてを自社で行っています。

私たちは今、インターネットという、世界と瞬時につながるツールを手にしています。
少子高齢化が加速の一途をたどる日本社会において、外需を獲得できる産業は不可欠でしょう。国外での事業展開を可能にしたインターネットを活用し、日本の将来を支える新たなビジネスモデルを構築したい。リバティーンズは、グローバルベンチャー企業として、これからも海外を見据えた事業展開を進めていきます。

代表インタビューを見る

logo
代表取締役
山口 雄大

経営理念

経営理念

THINK OUT OF THE BOX
既成概念にとらわれない価値の創造

LIBERTEENZという言葉は、既成概念にとらわれないという言葉の造語です。 常識に耳を傾けながらも、自分たちで考え抜き、新たな価値を創り上げていく。 私たちは、そういう想いを事業や企業運営を通じて体現して参ります。

事業理念

事業理念

国境を超えたインターネットサービスの構築

インターネットは一瞬で世界中の情報にアクセスでき、 世界中のユーザーに価値を一瞬で届けることができる大きな特徴を持っています。
また、スマートフォンデバイスはサービスを世界中に届けることのできる流通を創り出しました。
インターネットサービスも国内の顧客のみではなく、 世界中の顧客に提供したいと私たちは考えています。
サービスの提供者として、 この事業理念を体現することで、日本や世の中の発展に貢献できると信じています。
アプリに特化したサーチエンジンマーケティングでは、国内外の新たな市場形成の発展に寄与していきます。
お客様の課題に対して高い付加価値をご提供しながらサービス展開を行ってまいります。
グローバルアプリ事業ではグローバルに向けたサービス展開を行うことで、 事業理念を体現していくサービス形成を目指してまいります。

会社概要

会社名
リバティーンズ株式会社
英名
Liberteenz,Inc.
住所
〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目2-14 ユーデン浜松町ビル4F
設立
2007年3月1日
従業員数
30名
決算期
9月
役員
代表取締役 山口雄大
事業内容
アプリSEM事業 / グローバルアプリ事業
取引先
Apple,lnc. Google,lnc. 他多数

代表取締役挨拶

国内外で事業を展開し、世界に通用する仕組みを提供したい――。2007年の創業以来、「国境を超えたインターネットサービスの構築」というビジョンを掲げ、アプリに特化した検索エンジン・マーケティング、プロダクト開発事業を手掛けてきました。

アップル社が日本で最初にストア展開を始めた2008年7月当時、アプリ広告は存在せず、アプリ自体も1000個程度しか提供されていませんでした。
ユーザーは自分がほしいアプリと出会いたい。アプリ開発側は、ユーザーに必要な情報を届けて集客したい。そんな両者のマッチングを高めるサービスは必ず求められるだろうと考え、私たちはApp StoreやAndroidのGooglePlayなどアプリストアに特化した検索エンジン・マーケティング手法を確立してきました。クライアント様のあらゆる課題にぶつかってはトライアル&エラーを繰り返すこと10年以上。そこで見出した自然流入を高める独自のノウハウを、Apple Search AdsやGoogle Adsと呼ばれるアプリ広告商品を中心に、国内外の実績を用いて提供しています。
同時に、海外市場でのマネタイズを主軸としたアプリを内製でも開発。今ではプロダクトの製作、プロモーション戦略の立案、サービス運用まですべてを自社で行っています。

私たちは今、インターネットという、世界と瞬時につながるツールを手にしています。
少子高齢化が加速の一途をたどる日本社会において、外需を獲得できる産業は不可欠でしょう。国外での事業展開を可能にしたインターネットを活用し、日本の将来を支える新たなビジネスモデルを構築したい。リバティーンズは、グローバルベンチャー企業として、これからも海外を見据えた事業展開を進めていきます。

logo
代表取締役
山口 雄大
Page Top