Interview

グローバルアプリ事業部
ディレクター
藤原 龍三
メッセージ

「やりたい」と手を挙げた人を
前向きに応援するカルチャーがある

プロフィール
RYUZOU FUJIWARA
藤原 龍三
大学卒業後、不動産営業、教育コンサルタントの人材派遣業を経て、2012年にリバティーンズに入社
現在は、グローバルアプリ事業部 ディレクターとして活躍中
藤原 龍三

グローバルなビジネスの現場に身を置きたくて、転職を決めた

前職は、不動産営業、教育コンサルタントの人材派遣業など、まったく別の業界にいました。旧態依然とした営業のあり方に疑問を感じ、新しい領域にキャリアチェンジしたいと考えていたときに出会ったのがリバティーンズでした。
入社した2012年当時は、アプリに火が付き始めたタイミング。アップルストアができて数年。企業から従業員へのスマートフォン支給がいよいよ始まるという時期で、「これからはアプリビジネスがくる」という実感がありました。まさにこれからのビジネスに携われる。そんな機会はそうそうないだろうと興味を引かれました。
入社すると、アプリに関する知識がゼロでありながら、アプリ開発のディレクションを任されました。その裁量権の与え方もスピード感のあるベンチャーならでは。アプリの企画自体は代表の山口が考え、エンジニアやデザイナーがアップデートを進めていく。その仕切りを僕が担当します。まずは自分にできることから...と、アプリユーザーである個人のお客様からの感想や改善要望に一つひとつ目を通しながら、インプットを増やしていきました。

藤原 龍三
藤原 龍三

売上貢献を考えられるチームビルディングに奔走した

アプリ事業に携わって驚いたのは、開発スピードの速さです。インターネット環境の進化がすさまじく、ユーザーからは「動きが遅い」「この部分が使いづらい」など要望が日夜飛んでくる。アップデートをどんどん進めていかないと、ユーザーからそっぽを向かれてしまいます。リバティーンズのアプリは、まずは海外展開を進め、グローバルで受け入れられたものを日本に逆輸入するというコンセプトで開発している。そのため、海外のユーザーからの声も多岐にわたります。
さらに、アプリに関する規制が数カ月ごとに変更されたり、ゲームアプリ内のイベント企画を毎月行っていたりと、やるべきことは盛沢山。アップデートという概念があるからこその大変さと、いいものを発信し続けられる面白さ。両方がありますね。

ディレクションする上で、メンバーとの価値観のすり合わせにも最初は苦労しました。僕は営業出身なので、アプリがユーザーにどう評価されているか、事業売上にどうつながっているか、“数字”を見て判断します。でも、エンジニアやデザイナーのメンバーは、「目の前のタスクをきちんとこなしていればいい」と考える傾向にありました。売上数字などの“お金儲け”に関することは、自分たちの業務範囲ではない、というマインドがあったんです。
でも、ビジネスの世界で“デザイン”をしている以上、お客様からの評価数値をきちんと見ることは必須。より高い評価のアプリと何が違うのか、自分たちの仕事を客観視できなければ成長はありません。「アートとデザインは違う。一点ものが売れればいいというアートの世界でなく、僕らが生きているのは、多くのユーザーに使われなければ意味がないデザインの世界」。そんな話を繰り返し、週1回は数字をもとに改善案を考えるミーティングを実施。今ではアプリの評価点数をほかと比較しながら開発を進める、いいチームができています。

藤原 龍三
藤原 龍三

挑戦する人の背中を押す、リバティーンズのベンチャーマインド

リバティーンズは「やってみたい」と手を挙げたメンバーに、どんどんチャンスを与える会社です。例えば、23歳のエンジニアは、「ブロックチェーンを使った新しいサービスを立ち上げたい。勉強した知識をすべて還元するので、学校に行かせてほしい」と代表・山口に直談判。スキルを学べるスクールの授業料を会社に出してもらい、仕事をしながら学校に通っています。社内には、「やりたい」と提案することに対して「そんなの無理だよ」「やめておいた方がいい」などと最初から否定する人がいないんです。「どうしたら実現できるか考えよう」というスタンスでみんな前向きに取り組む。受け身で指示を待つタイプの方には厳しいかもしれませんが、若いうちから責任を負って成長したいという方には最適な環境です。
アルバイトでも、自らHTMLを勉強して未経験からウェブページを作り上げたメンバーもいました。「まずはやってみよう」というチャレンジ精神で取り組める方には、伸びる機会がたくさん転がっている会社だと思います。

藤原 龍三

リバティーンズを一言で表すと

成長を応援してくれる会社

リバティーンズに
入社する方へメッセージ

世界を股にかけた面白いモノづくりに一緒に挑戦しましょう
藤原 龍三

LIBERTEENZ Passion People

LIBERTEENZ Passion People

その他のメンバーを見る

社員インタビュー

  • 堂道 健太
  • 藤原 龍三
  • 中島 遼
  • 藤本 シゲオ
  • 松本 真紀

募集要項

詳しく見る

エントリー

詳しく見る
Page Top